ここからサイトの主なメニューです

8.クリニカルバイオスタティスティクスコア人材養成ユニット

(事後評価)

(実施期間:平成15~19年度)

実施機関:久留米大学(代表者:薬師寺 道明)

課題の概要

 我が国では医学研究および医薬品研究において、バイオ統計学研究者の量的および質的不足が学術研究のみならず広く産業界に深刻な影響を与えている。例えば薬剤開発における臨床試験の海外委託・国内空洞化、ならびに根拠に基づく医療の遅れや近年の医療費高騰などの背景には医学データを正当に評価する力量をもったバイオ統計学研究者の量的不足が大きな原因であると指摘されている。このような現状に鑑み、久留米大学では大学院医学研究科の中に「バイオ統計学」分野を設け、国際的標準とみなされている米国に準じるバイオ統計研究体制の確立を図り、もって国際的に指導的役割を果たすことのできるバイオ統計学人材の育成に資することを目標とした。当ユニットの運営に当たっては広く海外の研究機関および国内外産業界との連携を図ることにより、より実践的な教育プログラムを実施した。本養成期間(5年)内にバイオ統計を専門とする修士・博士を育成することを目的とした。

(1)総合評価(所期の計画と同等の取組が行われている)

 バイオ統計学の専門家養成という明確な目標を立て、専門家以外にも有効な教材の作成を行うとともに、本事業終了後もバイオ統計センターを継続運営し、蓄積した教育手法と教材を活用して人材養成を継続している点は評価できる。また、社会人のニーズに対応した特別研究生制度を導入し、遠隔講義システムの充実や社会人のニーズに適合した社会人短期養成プログラムを実施するなど、社会人を受け入れるための工夫も行われたと考えられる。さらに全学的な支援のもとで地理的弱点を克服しながらバイオ統計学の教育システムの確立を進めている点も評価できるが、今後は高度な研究者や指導者の養成にも力を入れて取り組むことが望まれる。

<総合評価:B>

(2)個別評価

1.目標達成度

 修士・博士課程学生の養成人数は目標を少し下回ったが、社会人短期養成プログラムの養成人数は目標を超えており、全体として所期の目標に達していると考えられる。被養成者の大半が社会人学生であり、社会人のニーズに対応した遠隔授業システムを充実し、特別研究生制度に基づいて社会人受講生の受け入れを実施したこと、企業、官公庁・自治体のニーズに対応した講習会、セミナー、公開講義等を実施したことが評価できる。

2.人材養成手法の妥当性

 高校レベルの数学のみの知識を前提として被養成者に対し入学後に個別指導を実施し、大学レベルの数学を理解させた点は十分評価できる。米国におけるバイオ統計学教育をモデルとしてカリキュラムを作成し、多様なバックグラウンドを有する被養成者にチュートリアル教育を実施している点も評価できる。しかし、レポートを中心とした評価システムによる被養成者の達成度測定には疑問があり、今後、被養成者の修得した知識・スキルの測定方法の改善が望まれる。

3.人材養成の有効性

 アンケート調査を実施し、カリキュラムの改善等への適切なフィードバックが行われていること、また、バイオ統計学の標準的な講義テキストを作成するなどの試みは評価できる。修了生(非社会人)がバイオインフォマティクス関連企業、製薬企業、医薬品開発受託機関などに就職しており、バイオ統計学の知識、スキルを活かした今後の活躍が期待される。社会人学生の中には大学教員や医師、看護士、薬剤師が多く含まれており、近い将来彼らがバイオ統計学の指導者になることが期待される。

4.実施計画・実施体制及び継続性・発展性の見通し

 平成16年度に大学院医学研究科修士課程医科学専攻にバイオ統計学群を開設、また、平成17年度からは大学院医学研究科博士課程社会医学系にバイオ統計学専攻を開設し、さらに、その母体となる組織としてバイオ統計センターを設置するなど、全学を挙げて本事業を支援する体制が構築されている。今後、バイオ統計コンサルテーションユニットの設置も予定されており、統計コンサルテーションの継続も評価できる。

5.中間評価の反映

 中間評価時における社会人養成の目標数未達に対して、その後社会人短期養成コースやバイオ統計公開講座、セミナーシリーズを企画・実施し、多数の社会人参加者を得た点は評価される。また、遠隔地の社会人被養成者に対して遠隔授業システムを充実させるなど、社会人を受け入れるための工夫も行われたと考えられる。

(3)評価結果

総合評価目標達成度人材養成手法の
妥当性
人材養成の
有効性
実施計画・
実施体制及び継続性・
発展性の見通し
中間評価の反映
Bbbbbb

お問合せ先

科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付(推進調整担当)

(科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付(推進調整担当))

-- 登録:平成21年以前 --