ここからサイトの主なメニューです

4.伊勢湾流域圏の自然共生型環境管理技術開発

(中間評価)

(実施期間:平成18~22年度)

代表機関:名古屋大学(代表者:辻本 哲郎)
参画機関:
独立行政法人国立環境研究所、独立行政法人土木研究所、 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構、独立行政法人水産総合研究センター、国土交通省国土技術政策総合研究所

課題の概要

 自然環境がもつ物質循環機能を最大限に活用し、流域圏に展開する人間活動が周辺環境に与える影響を可能な限り軽減するとともに、この機能を提供している生態系が持続的に維持されるような流域を形成するための技術体系の開発を目指す。具体的には、類型景観を単位として生態系サービスの概念を導入することによって政策ツールとなり得る流域圏をカバーする評価モデルを作成し、同時に劣化した生態系を修復する技術開発を行う。さらに流域圏の持続可能性について開発されたモデルを用いて社会活動と環境保全を両立させる流域圏の社会像を提示し、それを可能にする社会政策シナリオ・修復技術・戦略的アセスメント手法の提案を目指す。

(1)総合評価(所期の計画以下の取組であるが、一部で当初計画と同等又はそれ以上の取組もみられる)

 流域圏の持続的環境管理技術の開発は社会的にも重要な研究課題であり、類型景観や生態系サービスの考え方を導入し自然環境が持つ生態系サービスを最大限活用するための環境修復技術を開発して自然共生型環境アセスメント技術の構築に結びつける研究は、有意義かつ挑戦的であり評価できる。またアウトリーチ活動や研究成果発表も積極的に推進されている。ただし現時点では研究の中心となる類型景観、生態系サービスなどの考え方を含めて自然共生型環境管理のビジョンがやや抽象的であり、陸域、海域生態系を対象に実施されている個別研究との統合も十分ではない。環境修復技術についての検討もやや遅れているが、研究計画自体は魅力的であり、実施体制も適切であるので今後計画に沿った成果が得られることを期待する。

<総合評価:C>

(2)今後の進め方(計画を継続又は一部見直しが必要である)

 類型景観ごとの生態系サービスを物質循環の側面を中心に定量的に把握し、総合的なモデルを積み上げ、生態系管理の視点から流域圏の環境管理を目指している研究の枠組みは魅力的であり、現在の研究内容をさらに発展させて進捗する事が望まれる。ただし、ここで開発される環境管理技術がアジアモンスーン地域の他の流域圏でも活用できる汎用性のある成果となるよう特に留意いただきたい。また、現在までは伊勢湾流域圏の持続性について化石燃料代替などの物理的な面を中心に検討されているが、今後は社会的な面の継続性を考慮するとともに、流域圏の外部要因変化に対する適応制御の考え方や流域圏の持続可能性の社会的指標の導入が望まれる。さらにシナリオを作成する段階での地域のステークホルダーの参画も考慮いただきたい。

<今後の進め方:B>

(3)個別評価

1.進捗状況(目標達成度)

 陸域、海域生態系の機構解明、生態系サービス評価モデルの作成は目標通り進んでいると思われるが、修復技術の開発に遅れがみられる。現段階では、自然共生型の管理ビジョンにそって個別生態系を対象とした研究の方向性、成果が十分整理されているとはいえず、持続可能な流域圏管理に向けたビジョンのより一層の明確化を図るとともに、個々の研究の統合努力が望まれる。

2.研究成果

 アジアモンスーン地域に適用可能な流域圏管理技術を開発するとの困難な課題に挑戦しており、類型景観と生態系サービスという切り口で魅力的な管理ビジョンを作成しつつある。また個別研究の成果の発表は適切になされ、積極的なアウトリーチ活動も評価できる。今後はビジョンの明確化と問題解決のためのより具体的な研究成果を期待する。また地域のステークホルダーに対しわかりやすく研究成果を伝える努力が望まれる。

3.研究計画・実施体制

 流域圏という大きな対象に対する環境管理技術を構築するためのアプローチとして、生態系サービスを指標とする類型景観ごとの評価は魅力的である。さらに、様々な構成要素からなる流域圏をカバーするため、対応する行政の研究機関が参画機関となって研究を推進している点も評価できる。生態系サービスの評価から修復技術開発、社会施策シナリオ・戦略的アセスメント手法の提示までを目指した非常に挑戦的な課題であり、十分な成果を出すためには、明確なビジョン・方針のもとで参画機関が適切に分担し研究を行うとともに、十分な連携を取ることが一層必要である。

(4)評価結果

総合評価今後の進め方進捗状況
(目標達成度)
研究成果研究計画・
実施体制
CBcbb

お問合せ先

科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付(推進調整担当)

(科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付(推進調整担当))

-- 登録:平成21年以前 --