ここからサイトの主なメニューです

平成25年度 大学発新産業創出拠点プロジェクト(事業プロモーター支援型)の実施機関の決定について

文部科学省は、大学発新産業創出拠点プロジェクト(事業プロモーター支援型)における実施機関の採択を別紙のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

※本事業は、平成25年度の本事業に係る予算の成立が実施の条件となります。

1.事業の概要

(1)事業の目的

 我が国では、大学・独立行政法人等の基礎研究成果等に関し、大学等発ベンチャー等を通じた新規マーケットへの事業展開が十分に行われていないのが現状です。
 本事業は、こうした現状を踏まえ平成24年度より新規に開始したものであり、大学等のポテンシャルの高いシーズの事業化を通じて新産業の創出、新規マーケットの開拓を目指すものです。大学等発ベンチャーの起業前段階から研究開発・事業育成のための政府資金と民間の事業化ノウハウ等を組み合わせることにより、シード・アーリー段階にも民間資金を積極的に呼び込み、既存企業ではリスクは高いがポテンシャルの高いシーズに関して、事業戦略・知財戦略等を構築し、グローバル市場を見据えた事業化を目指します。

(2)事業の構成

 本事業は、「事業プロモーター支援型」と「プロジェクト支援型」の二つの事業タイプによって構成されています。各事業タイプの概要は以下のとおりです。

1 事業プロモーター支援型 【今回採択決定】

大学・独立行政法人等の技術シーズの事業化について、研究開発・事業育成を一体的に推進するため、事業化ノウハウを持った機関を事業プロモーターとして選定し、事業プロモーターが行う技術シーズの発掘やハンズオン支援※等の活動を補助します。同時に、事業プロモーターの有するネットワークやノウハウ等を活用して、3~5年程度での民間資金の誘引を目指します。

2 プロジェクト支援型 【平成25年度申請は8月5日まで公募中】

大学・独立行政法人等は、事業プロモーターのプロジェクトマネジメントのもと、研究開発費及び事業化支援経費を活用して、グローバル市場を視野に入れた研究開発プロジェクトを推進します。

※ ハンズオン支援:事業を実施する上で必要なあらゆる課題について、各種アドバイス、コンサルティングを行うとともに、起業家・技術者のリクルーティング、関係先への働きかけ等、きめ細かなサポートを積極的に実施し、付加価値を高めることを目指した支援

2.審査について

 外部有識者により構成される「大学発新産業創出拠点推進委員会」において、書面審査及びヒアリング審査を実施しました。

※ 各審査は、「大学発新産業創出拠点プロジェクト(事業プロモーター支援型)補助事業者の選考に係る審査実施要綱」及び「大学発新産業創出拠点プロジェクト(事業プロモーター支援型)の審査・選考に関する利益相反の考え方について」に基づき実施しました。

※ 「大学発新産業創出拠点推進委員会」の名簿は、審査の公平性確保の観点から「大学発新産業創出拠点プロジェクト(プロジェクト支援型)」の採択課題が決定した際に公表します。

3.採択実施機関

 上記の手続により、別紙に掲げる4機関を実施機関として決定しました。

4.今後の予定

 現在、事業プロモーターのマネジメントのもと、グローバル市場を視野に入れた研究開発プロジェクトを推進する「プロジェクト支援型」を公募しており、今回採択された事業プロモーターによる支援が予定されています。

【第1次申請書類提出期限】

第1サイクル【終了】:

平成25年3月18日(月曜日)正午

第2サイクル:

平成25年6月17日(月曜日)正午

第3サイクル:

平成25年8月5日(月曜日)正午

お問合せ先

科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課

寺崎、名倉
電話番号:03-6734-4023(直通)
ファクシミリ番号:03-6734-4172
メールアドレス:start@mext.go.jp

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課)

-- 登録:平成25年04月 --