ここからサイトの主なメニューです

リサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備

事後評価結果等について(平成27年度終了機関)

標記の件について、このたび、「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」推進委員会において、事後評価を実施し、その結果についてとりまとめました。

平成27年度事業終了機関における事後評価結果等

(評価結果)

評定の目安

機関名

事業全体として当初目的を十分に達成し、他機関の参考となる先進的取組を実施しており、優れた取組と判断する

国立大学法人京都大学


事業全体として当初目的を達成しており、全体として良好な取組と判断する

国立大学法人東京農工大学

国立大学法人金沢大学

国立大学法人名古屋大学

事業全体としておおむね当初目的を達成しており、標準的な取組と判断する

国立大学法人東京大学

事業全体としての当初目的の達成が不十分であり、改善が必要な状態と判断する

該当機関なし

 ※評定の目安については、「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」(リサーチ・アドミニストレーションシステムの整備)事業に係る事後評価実施要領3-3のとおり

京都大学における評価コメント及び達成状況

当初計画を着実に実践し、PDCAサイクルを回しながら新しい仕組みがダイナミックに展開されているとともに、様々な情報発信が行われており、全国の大学のモデル的存在となっている。
実効性の高いURAシステムが確立されており、大学全体として研究力向上のための取組がなされている。
組織を見直し、学術支援室と部局URA組織を統合したことが、研究マネジメント力の向上と研究力強化につながっている。
また、URAに企画、国際、広報等の新しい役割を担わせ、本部機能の強化が図られている。
引き続き、日本のURAシステムの先導的モデルとして我が国の大学等をリードして行くことを期待する。

東京農工大学における評価コメント及び達成状況

研究者の論文情報や外部資金情報を一元化したデータベースを構築し、その分析に基づいた全学的な研究プロジェクトの企画・提案を行い、大学の研究戦略に貢献している。
アドバイザリーボードを設置し、外部評価を仰ぐシステムを構築している。
一方、URAと事務職員との役割及びキャリアデザインを明確化し、URAシステムをよりダイナミックに展開することを期待する。
引き続き、日本のURAシステムのモデルとしての本制度の普及・発展に向けた取組が進められることを期待する。

金沢大学における評価コメント及び達成状況

URAが大学の執行部と部局を繋ぎ、組織のマネジメント強化が図られ、その結果としてURAの定着が図られてきている。
また、研究マネジメントだけでなく、大学の経営をマネジメントするURAの育成にも力を入れている点は評価できる。
一方、マネジメントにやや特化している観があり、より幅広いURAの役割の構築を期待する。
また、URAとIR(インスティテューショナル・リサーチ)との連携にも期待する。
引き続き、日本のURAシステムの先導的モデルとしての本制度の普及・発展に向けた取組が進められることを期待する。

名古屋大学における評価コメント及び達成状況

進捗状況評価の時点に比べ大幅な改善が見られる。
URAを学術研究・産学官連携推進本部へ集約・一本化し、大学として一貫した研究支援体制を構築して、研究マネジメント力を向上させたことは評価できる。
一方、URAの継続的雇用のための取組など、URAシステム構築のためのスピードを上げていくことを期待する。
引き続き、日本のURAシステムのモデルとしての本制度の普及・発展に向けた取組が進められることを期待する。

東京大学における評価コメント及び達成状況

URAシステムの定着に向けて、学長のリーダーシップの下で実施方針やURAの認定に関する内規を整備している点については評価できる。
一方、学内に存在する多くの潜在URAの顕在化、及びそれをURAとして位置づけ更に高度化・精緻化するシステムの確立といった採択時に自ら掲げた構想・目標が十分には達成されていない。

評価委員名簿

お問合せ先

科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課大学技術移転推進室

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課大学技術移転推進室)

-- 登録:平成29年03月 --