ここからサイトの主なメニューです

リサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備

「リサーチ・アドミニストレーター業務の自立的運営に向けた調査・分析」

○事業の目的
今後のURAシステムの展開を検討していくために、多様化するURAの業務内容、URAシステムとURAネットワークについての調査とその分析結果から、今後のあるべき姿の仮説を設定し、URAシステムの成果や今後の展開を視野に入れたシンポジウムの開催を通じて、今後URAが各機関において自立的に運用され、我が国全体の研究経営人材活用のあるべき姿に向けた調査、分析を行うことを目的としています。

報告書等

シンポジウム

お問合せ先

科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課大学技術移転推進室

(科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課大学技術移転推進室)

-- 登録:平成28年04月 --