ここからサイトの主なメニューです

不正事案の公開について

1.趣旨・目的
 「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)においては、文部科学省が、各研究機関において特定不正行為が行われたと確認された事案(以下「不正事案」という。)について、その概要及び研究・配分機関における対応等を一覧化して公開することとしている。このため、不正行為の態様を学ぶことによる不正行為の抑止や不正行為が発覚した場合の対応にいかすことを目的として、以下のとおり不正事案を公開する。

2.公開内容
 平成27年4月以降、文部科学省が研究機関又は配分機関から特定不正行為が行われたとの報告を受けたときは、原則として以下の内容を文部科学省ホームページ上で公開するものとする。また、研究機関から追加報告を受けるなど、ホームページに掲載している内容を追加等する必要がある場合には、その内容を反映する。ただし、不正事案を一覧化し公開する目的に鑑みて、特定不正行為に関与した者等の氏名については、文部科学省ホームページに掲載しないものとする。
なお、特定不正行為以外の研究活動における不正行為(二重投稿や不適切なオーサーシップなど)が行われたとの報告を受けた場合も、不正事案に準じて対応する。

○ 不正事案名
○ 特定不正行為の種別(捏造、改ざん、盗用)
○ 不正事案の研究分野
○ 調査委員会を設置した機関名
○ 特定不正行為に関与した者等の所属機関、部局等及び職名
○ 特定不正行為と認定された研究が行われた機関名及び研究期間
○ 告発受理日
○ 本調査の期間
○ 不服申立てに対する再調査の期間
○ 文部科学省が報告を受理した日
○ 特定不正行為が行われた経費名称(競争的資金等における制度名、基盤的経費の名称等)
○ 不正事案の概要(告発の概要、本調査の体制、調査方法、調査結果、特定不正行為と認定した理由、不服申立ての概要及び再調査結果、特定不正行為に関連する経費の支出等)
○ 特定不正行為の発生要因及び再発防止策
○ 研究機関が行った措置(競争的資金等の執行停止等の措置、関係者の処分、論文等の取下げ勧告等)
○ 配分機関が行った措置(競争的資金の申請資格制限の有無及びその期間、対象経費の返還)

お問合せ先

科学技術・学術政策局人材政策課

研究公正推進室
電話番号:03-6734-3874

(科学技術・学術政策局人材政策課研究公正推進室)

-- 登録:平成27年07月 --