ここからサイトの主なメニューです

「社会教育による地域の教育力強化プロジェクト」における実証的共同研究について

 都市化の進展や技術革新による生活の利便性向上など、社会が成熟する中で、核家族化、少子化による家庭・地域の教育力の低下や、個人のモラルや規範意識の低下などが地域社会の課題として指摘されています。また、地球温暖化対策の強力な推進や食の安全・安心の確保、災害や犯罪への対策など、持続可能な社会構築のため、国をあげて緊急に取り組むべき課題も数多く存在しています。
 このような状況を踏まえ、文部科学省では、平成22年度から、地域社会それぞれの実情に合わせて、住民が主体的に考え、地域の課題を認識し、協働して解決していくことを促す「仕組みづくり」を進めるため、地域の抱える課題に対する効果的な取組事例の収集・提供や社会教育の振興方策の相談体制を整備するとともに、行政だけではなく市民やNPOなどの民間が主体となって課題に取り組むことが期待されるテーマを具体的に指定して、地域の課題解決に役立つ仕組みづくりのための実証的共同研究を行い、地域が課題を解決する力の強化を図ります。

お問合せ先

生涯学習政策局社会教育課地域学習活動企画係

(生涯学習政策局社会教育課地域学習活動企画係)

-- 登録:平成23年03月 --