ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 北海道日本ロシア協会

所在地…〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7-1緑苑ビル601号室
TEL…011-261-8887 FAX…011-261-0177
URL…http://www.do-nichiro.org/ E-Mail…druzhba@do-nichiro.org

北海道札幌市

代表者名…鈴木泰行
設立年月…1972年2月 認証年月…2007年6月
有給スタッフ数…常勤2名、非常勤0名
事業規模(09年度決算収入)…34,480,564円
(内訳:会費5,406,500円、事業費23,434,760円、基金会計5,500,000円、その他139,304円)

活動の目的・趣旨

 日本とロシア連邦との人的、文化・学術、経済などあらゆる分野の交流を通じて、両国の相互理解と親善を深め、よって世界の平和に寄与することを目的とする。

活動の紹介

●北海道とロシアサハリン州との文化・教育交流事業

 北海道とサハリン州の青少年による相互訪問交流事業を毎年開催。文化・スポーツなどの各種交流やホームステイによる異文化理解を通して、友好・平和の担い手を育てる「青少年サハリン体験・友情の船」は今年13回を迎える。今年は北海道から65名の青少年を派遣する。
 樺太時代の関係者の故郷訪問や、サハリン州民との交流を目的とした文化・学術・写真など分野別交流団の派遣「平和の船」は2011年には46回を迎える。
 サハリンの人々が北海道を訪れる「北海道平和の船」も実施している。誰もが参加できる幅広い交流を目指して市民交流会議も開催している。
 ロシア民族アンサンブルの道内公演を1995年から実施。ロシア民謡を中心に、歌とダンス、器楽演奏による公演を行っている。これまでの公演回数は130回余り、観客総数は延べ65,000人を超えている。
 札幌でのYOSAKOIソーラン祭りには、外務省(日露青年交流センター)の財政支援を受けてロシアサハリンチームを招待した。(2010、2011年連続)

●ロシア語講座の実施

 入門から上級までの4コースに分かれ、それぞれ年40回のカリキュラムで講座を開催している。

ここに注目

1972年に前身の団体が設立された長い歴史を持つ。北海道とサハリンを中心として、日露両国の民間交流を展開し、子どもから大人まで、相互に交流し学びあう場を提供している。

 1972年に前身の団体が設立された長い歴史を持つ。北海道とサハリンを中心として、日露両国の民間交流を展開し、子どもから大人まで、相互に交流し学びあう場を提供している。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年03月 --