ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 赤目の里山を育てる会

所在地…〒518-0762 三重県名張市上三谷268-1
TEL…0595-64-0051 FAX…0595-63-4314
URL…http://akame-satoyama.org/index.html
E-Mail…office@akame-satoyama.org

三重県名張市

代表者名…伊井野雄二
設立年月…1996年2月 認証年月…1998年4月
有給スタッフ数…常勤6名、非常勤0名
事業規模(09年度決算収入)…33,828,867円
(内訳:介護事業20,421,406円、助成金9,038,568円、自主事業2,335,380円、寄付金1,311,327円、その他722,186円)

活動の目的・趣旨

 自然を愛し緑を大切にする全ての人々に対して、名張市南部の通称「赤目の里山」の整備保全活動に関する事業及び介護予防・生きがい活動支援事業、また介護保険法の各種事業を行い、もって公共の福祉に寄与することを目的とする。

活動の紹介

●里山自然体験授業・講習会

 広く子どもたちや市民に里山の自然の理解を進めるため、里山リーダー養成講座 里山レディース講座、子ども里山探検隊などを実施している。週末ワークキャンプも定期的に開催している。近隣の小学校の里山自然体験授業を継続して行い、次世代を担う地域の人材の育成をしている。2010年度には、森林づくり国民運動推進助成事業として「参加しやすい森林・里山技術講習会」を開催した。

●宿泊施設「エコリゾート赤目の森」の運営

 自然体験のできる宿泊施設を運営。関西各地の団体からの利用がある。

●環境保全活動

 赤目の里山を大規模開発から守り育てる活動。里山の保全、里道の確保、野外活動のための設備の管理などをボランティアとともに行っている。

●福祉サービス事業

 里山の自然の中で、森の持つ人間を癒す力を生かすために介護保険通所施設を設置、運営している。
 就労継続支援B型事業所「赤目の森作業所」も2010年に新たに開設した。

ここに注目

全国に先駆けて里山の保全活動を様々な取り組みで行い注目されている。特に超小型ペレタイザーによる保全で出る木材を全てペレットにしたり、街路樹を加工する一般廃棄物再生利用業の活動は全国でも例がない。全国各地をペレタイザー搭載トラックでの「出前講座」も好評。

 全国に先駆けて里山の保全活動を様々な取り組みで行い注目されている。特に超小型ペレタイザーによる保全で出る木材を全てペレットにしたり、街路樹を加工する一般廃棄物再生利用業の活動は全国でも例がない。全国各地をペレタイザー搭載トラックでの「出前講座」も好評。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年03月 --