ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 銀座ミツバチプロジェクト

所在地…〒104-0061 東京都中央区銀座1-20-15前田山陽ビル10F アグリクリエイト内
TEL…03-3562-0126 FAX…03-6277-8888
URL…http://www.gin-pachi.jp/ E-Mail…ginza.lovely.bee@gmail.com

東京都中央区

代表者名…高安和夫
設立年月…2006年3月 認証年月…2007年2月
有給スタッフ数…常勤1名、非常勤3名
事業規模(09年度決算収入)…19,180,096円
(内訳:会費523,200円、事業収入10,311,990円、補助金7,326,414円、その他1,018,492円)

活動の目的・趣旨

 環境問題に関心のある市民に対して、ミツバチの飼育並びにハチミツの生産及び活用を通して地域の生態系を中心とする環境の保全を図るとともに、養蜂の普及啓発に関する事業を行い、環境保全に対する意識の向上と環境に配慮した街づくりに寄与することを目的とする。

活動の紹介

 ミツバチを通じて銀座から新しい価値を創造することを目的としている。
 採取したハチミツは、パティシエがケーキを作ったり、銀座のバーがカクテルを作るなど、銀座の街全体で一緒に味わえる。また、ハチミツづくりを通して、地域の教育やまちづくりを目指している。

●出前授業等の教育・普及啓発活動

 銀座中学校への地域理解講座の出前授業のほか、各地のフードイベントへの参加、在日大使館での講演などを行っている。蜜蝋を使ったキャンドルのチャリティイベントも百貨店と共催で実施をしている。
 また、全国、海外から多数の見学のための来訪者がある。

●養蜂に関連したまちづくり、環境問題への取り組み

 銀座の街の環境資源から採取されるハチミツ等を通じて、都市の環境配慮型街づくりを考える取り組みを行っている。また、ミツバチの生息・生育で生態系の回復にも貢献している。
 ミツバチのためにビルの屋上緑化を進める取り組みも広がっており、松屋銀座、紙パルプ会館、NTT東日本などの地域のビルが参加している。

ここに注目

都会の中心部の珍しい取り組みがマスコミの注目を集めている。養蜂から始まり、教育、環境、まちづくりへと広がり、地域づくりとネットワークも進んでいる。

 都会の中心部の珍しい取り組みがマスコミの注目を集めている。養蜂から始まり、教育、環境、まちづくりへと広がり、地域づくりとネットワークも進んでいる。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年03月 --