ここからサイトの主なメニューです

特定非営利活動法人 エスビューロー

所在地…〒567-0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘3-6第一山本ビル403号
TEL…072-622-6730 FAX…072-622-6730
URL…http://www.es-bureau.org/ E-Mail…esbureau@hcn.zaq.ne.jp

大阪府茨木市

代表者名…名安道照子
設立年月…2000年5月 認証年月…2001年2月
有給スタッフ数…常勤1名、非常勤2名
事業規模(09年度決算収入)…12,027,067円
(内訳:会費298,500円、事業収入288,000円、委託事業収入390,000円、助成金7,900,000円、寄付金2,975,067円、その他175,500円)

活動の目的・趣旨

 医療従事者と患者側のコミュニケーションを促進する機関誌の発行、講演会や勉強会の開催等の事業を行うことによって相互の理解を深め、難治治療による医療従事者と患者側双方の精神的負担の軽減に寄与することを目的とする。

活動の紹介

 患者およびその家族と医療従事者との橋渡し事業として、両者の相互理解を目的とし、様々な活動を行っている。

●サバイバー向けインターネットを利用した学習支援交流サイト「ネットでeクラス」

 家に居ながらにして勉強を教えてもらう「個別学習」の他、隔週でホームルームを行う。

●サバイバーのコミュニティ活動

 小児がんサバイバーの仲間づくりやコミュニティ作りを支援するため、2008年より「小児がん・脳腫瘍全国大会」を年に一度開催。その中で、子どもたちの交流を促進する「キッズ・プログラム」や、自分で自分の病気を語れるようになることを目標にした「子ども医療学習」を開催。

●患児が退院してスムーズに復学するための復学支援事業

 学校の教諭向けの小児がんの知識やサポートの仕方を理解する勉強会やDVDの作成。

●入院患児に遊びを届ける活動

 毎週、病院のプレイルームで工作やゲームをしたり、個室をまわって患児と遊ぶ。

ここに注目

団体名は仏語の「Essentie(l本質の)Bureau(事務所)」が由来。小児がん患児・家族の「インテグラル・ヘルスケア」を目指した活動は、NHK、毎日新聞をはじめ、テレビ・新聞等でも多数取り上げられている。

 団体名は仏語の「Essentie(l本質の)Bureau(事務所)」が由来。小児がん患児・家族の「インテグラル・ヘルスケア」を目指した活動は、NHK、毎日新聞をはじめ、テレビ・新聞等でも多数取り上げられている。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室

(生涯学習政策局生涯学習推進課民間教育事業振興室)

-- 登録:平成24年03月 --