ここからサイトの主なメニューです

平成27年度子ども霞が関見学デー

平成27年6月23日

 「子ども霞が関見学デー」は、文部科学省をはじめとした府省庁等が連携して、業務説明や省内見学などを行うことにより、親子のふれあいを深め、子供たちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、府省庁等の施策に対する理解を深めてもらうことを目的とした取組です。今年は、7月29日(水曜日)、30日(木曜日)に、26府省庁等が業務説明や職場見学等を実施します。

1.実施内容

対象:全国の小・中学生・幼児等
   (原則として保護者同伴)
期間:平成27年7月29日(水曜日)、30日(木曜日)
内容:職場見学のほか、各府省庁等の特色を生かし、子供たちを対象に広く社会を知る様々なプログラムを設け、一斉に「子ども霞が関見学デー」として実施します。
当日は、子供たちの興味に合わせて霞が関を自由に歩くことができるよう、参加者に各府省庁等のプログラムと地図が入った「日本国霞が関子ども旅券」(パスポート)を配付します。

<参加府省庁等>
人事院、復興庁、内閣府、宮内庁、公正取引委員会、警察庁、特定個人情報保護委員会、金融庁、消費者庁、総務省、公害等調整委員会、法務省、外務省、財務省、国税庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、特許庁、国土交通省、気象庁、環境省、防衛省、会計検査院、国立国会図書館

2.参加・申込み方法

あらかじめ申込みが必要なプログラムと、当日参加できるプログラムがあります。

1.あらかじめ申込みが必要なプログラム

各府省庁等が定める締切日までにお申し込みください。
また、申込みが多数の場合は、抽選とさせていただく場合もございますのであらかじめ御了承ください。

※プログラム内容や申込み方法などの詳細については、各府省庁等のホームページを御覧いただくか、問合せ先まで御確認ください。

2.当日参加できるプログラム

実施日時を確認の上、参加を希望する府省庁等に直接お越しください。

3.全国の取組と関連イベント

1.子ども霞が関見学デーの趣旨に類する取組

  • 実施機関:大学、高等専門学校、地方公共団体など
  • 期間:各機関で設定した日
  • 内容:子供たちを対象とした業務説明や職場見学等を行う取組

2.関連イベント

  • 実施機関:大学、地方公共団体、博物館、美術館など
  • 期間:各機関で設定した日
  • 内容:子供たちが広く社会を知る体験活動の機会となる取組等

4.備考

(1)プログラムについては、現段階のものであり、今後変更する可能性があります。
(2)取材については、各問合せ先まで個別にお問い合わせください。
(3)当日、各府省庁等には駐車できませんので、車での御来場は御遠慮ください。
(4)当日は節電のため、冷房設定温度(28℃)の厳守、エスカレーター・エレベーターの一部休止等行っています。熱中症対策のため、水分補給をこまめに行うなどの工夫をお願いします。
(5)プログラムの詳細については、実施機関のホームページを御覧いただくか、問合せ先に直接連絡の上、御確認ください。

参考資料

お問合せ先

生涯学習政策局男女共同参画学習課家庭教育支援室

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(生涯学習政策局男女共同参画学習課家庭教育支援室)

-- 登録:平成27年08月 --