ここからサイトの主なメニューです

平成23年度「学校と地域の連携施策の効果検証及び改善事例収集に向けた調査研究」について

調査研究の趣旨

 文部科学省では、地域全体で学校や子供たちの教育活動を支援する「学校支援地域本部」及び「放課後子供教室」の推進や、保護者や地域住民の声を学校運営に直接反映させ、保護者・地域・学校・教育委員会が一体となってより良い学校を作り上げる「コミュニティ・スクール(学校運営協議会)」の推進などを行ってきています。
 その結果、それぞれ箇所数は確実に拡大してきていますが、それに伴い様々な課題も浮上してきているところです。

 このような課題への対応として、平成22年度に「学校支援地域本部事業」等の事業効果の把握に向けた調査研究を行いましたが、その調査結果を踏まえ、学校と地域の連携の更なる充実、さらに「地域とともにある学校づくり」を推進していくために、以下の項目について調査研究を実施しました。

  • 学校支援地域本部やコミュニティ・スクール等の成果測定に向けた評価指標の検証や成果測定モデルの検証等により、成果測定データのブラッシュアップを図ること
  • 学校と地域の連携に関わる事業・活動について、現場レベルでの個別課題を明確化し、課題解決に向けた取組や解決事例等のグッドプラクティスについて情報を収集、分析を行うこと
  • 学校支援地域本部やコミュニティ・スクール等の成果測定の高度化に向け、アンケート調査等による定量分析とケーススタディによる定性分析の双方を有機的に活用した成果測定モデルの構築を検討すること

調査研究の内容

1. 成果測定データのブラッシュアップ

(1)測定指標の整理

    分析に先立ち、平成22年度調査で設定した効果指標・要因指標を改めて検証し、より妥当性の高い測定指標を選定

(2)データ収集のためのアンケート調査の実施

    検証・整理した測定指標(及びデータソース)に基づき、実際に効果測定・要因分析を行うためのデータ収集を目的として、アンケート調査を実施

(3)効果測定の実施

    (2)により収集したデータ、及び平成22年度調査で収集したデータを用いて、効果測定を実施

(4)要因分析の実施(効果・要因関係の整理)

    各種効果に影響を与える要因分析を実施

(5)効果指標の再整理

    各調査対象が学校と地域の連携により期待する効果や、期待度は低いものの(3)で発現が認められた効果を併せて再整理

2. 課題抽出及びグッドプラクティスの収集

(1)課題抽出、グッドプラクティス収集のためのヒアリングの実施

    一般的な傾向を探るため、事業・制度等の実施状況や地域的な差異を踏まえて、17地域を対象に、関係者(コーディネーター、学校支援ボランティア、校長、教員、保護者、学校運営協議会関係者、地域住民)5~10名程度を対象にヒアリングを実施

(2)取組の時間経過に即した分類・体系化

    (1)で実施したヒアリングを通じ、事業や制度の定着へ向け、生じる課題や解決に向けた取組を、時間経過に即して分類・体系化

(3)取組フェーズに対応した課題、課題解決に向けた取組・成功要因、キーワードの整理

(4)課題解決に向けた取組や解決事例等のグッドプラクティス集の作成

3. 定量分析を定性分析の双方を有機的に活用した成果測定モデルの構築

4. 成果と課題の整理

委託先及び調査研究期間

    委託先:株式会社三菱総合研究所

    調査研究期間:平成23年11月1日~平成24年3月22日

平成23年度「学校と地域の連携施策の効果検証及び改善事例収集に向けた調査研究」の結果について

お問合せ先

生涯学習政策局社会教育課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成24年08月 --